天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいる誰かと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘が広がっていて、
動物たちは一緒になって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたり年をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。
動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別な誰かが、
あとに残してきた誰かがいないのを
寂しく感じているのだ。
動物たちは一緒に遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走って行く。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。 喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の顔と体をふたたび愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。
それから、あなたたちは一緒に『虹の橋』を渡るのだ。